こここブログ

機械学習, 統計分析, 競技プログラミング, CTF, VR, ……テクノロジーへの憧憬に身を焼かれている人のメモ帳です

もう一度、将棋をやり直す

2020-07-11-公開

将棋をもう一度やり始めるにあたり、今回はしっかりと戦略を練って精進していきたい。 そこで、まずは何をどんな風に学んでいくのがよいのか検討してみた。

きっかけ

  • 藤井聡太七段の棋聖戦挑戦(タイトル獲得すれば史上最年少)で将棋への興味が復活した
  • 第3回AbemaTVトーナメントを観て再びやる気が出てきた

  • 小学生のころに将棋が好きでプロに憧れていたものの、後述の通りの中途半端な精進だったため、それほど強くは無かった。精進のやり方を知らなかったせいもあるので、その後悔を少しでも晴らせたら嬉しい

現在地

※以下は小学生のころの情報。今はこれより数レベル下がっている

  • 段位等の強さは不明
  • 基本的な囲いはなんとなく知っていた
  • 囲いの崩し方はうろ覚え
  • 戦法は棒銀くらいしか覚えなかった
  • 定跡は覚えなかった
  • 詰将棋は7手くらいまでならなんとかできた
  • 「次の一手」みたいな本は数冊読んだ
  • 遠足で友人と歩きながら将棋盤や駒なし(棋譜読み上げのみ)で終盤まで指し切ることもあった(目隠し将棋・脳内将棋)

目標

精進

何をすべきか

具体的にやること

囲い

戦型・戦法・定跡

手筋・詰将棋

何で実践するか

  • 将棋倶楽部24
  • 81Dojo
  • 将棋ウォーズ
  • ※それぞれ、将棋連盟によるアマチュアの段位認定にも使えるらしい

その他

  • 知らない単語等が出てきたらその都度調べる
    • 「さばき」…自陣の駒をうまく働かせつつ、相手の駒と交換していくこと?

直近のTODOまとめ

将棋を再開して真剣勝負の感覚を取り戻したい。 良い趣味になれば嬉しいな。