こここブログ

「この世にはこんなにもやりたいことがある。」やりたいことがありすぎる。時間が足りない。もっと違う生き方をする。プログラミングやIT、登山、アニメ、マンガ、Webライティングなど。

仕事を辞めるきっかけたち、職場に退職すると伝えた2018年3月5日、その後の記録【理想の生き方の実現に向けての第一歩】

(投稿:2018/03/20|更新:2018/05/03)

こんばんは。こここ(@kokokocococo555)です。

いきなり重大発表します。

職場、3月いっぱいで辞めることに決まりました。

4月からついにフリーランスという生き方に挑戦します。

f:id:kokokocococo555:20180320224705j:plain
写真:御岳山にて

目次

職場を辞めて、理想の生き方の実現へ

まるまる1年働いた職場を辞めます。
ついに、理想とする「時間・場所を自分でコントロールできる生き方」を実現するための挑戦を始めることができます。

この1年は自分を騙し、自分に嘘をつきながらなんとか過ごしてきたのだと思います。
「普通の会社員になって将来のために働かねばならない」という常識にとらわれ、普通に働いてきました。

しかし、僕は会社員に向いていなかったのでしょう。
「将来のためとはいえ、その将来は今が積み重なったもの。そしてその『今』を犠牲にしながら辛い日々を送ることになんの意味があるのか。生きていく意味はあるのか」
そんな思いが日に日に強くなり、最終的にこのように新しい道へと踏み出すことになりました。

さんざん「『よつばと!』のとーちゃんのような生活がしたい」と言っていた僕ですが、ついにその第一歩です!

いろんなきっかけと下準備

会社に入ってからのこの1年間、真剣に今後の生き方を考え、いろんな本や人に影響を受けました。
そこから下準備をして、そして今この選択があります。

  • 9月10日にphaさんの『持たない幸福論』を読んだことをきっかけとして会社に勤める以外の生き方を真剣に検討し始める
  • 10月29日から【会社を辞めたい。会社で働く以外の生き方はないのか】と考える
  • 12月4日に『インベスターズZ』をきっかけに【会社を辞めたいので辞めたときに月いくらくらい必要か知るために支出を計算して】みる
  • 2月6日に【会社を辞めた後の稼ぎ方】についてまとめる
  • 同じく2月6日に【会社を辞めていい条件】をシミュレーションする
  • 2月18日に【本気でフリーランスになろう】と決める
  • 2月24日25日に【週末フリーランス養成講座】に参加する
  • そして先日3月5日に職場の上司に退職することを伝えた

特に
・phaさんの本
・☆←ヒトデさんの退職記事
・週末フリーランス養成講座への参加
この3つの影響は大きかったのではないかと思っています。
これらはすべてたまたま出会ったものです。
本当に人生の転機のきっかけがどこにあるのかなんて分からないものですね。

そして、ブログでそのときそのときの想いやら試行錯誤の跡やらを残していたのも退職の後押しとして大きかったと思います。
迷ったとき、不安になったとき、これらの過去記事が依り代となり、自分を支えてくれました。
細々ながら、地道にブログを書いてきた自分を褒めてあげます。えらい!!

※これらのきっかけたちに関して過去記事に書いてます。ぜひ読んでね☆

【読書メモ・会社を辞めて隠居したい】常識的な生き方以外にも道はある-僕の視野を広げ価値観を変えたphaさんの『持たない幸福論』

【退職希望に至る簡単な経緯】会社を辞めたい。会社で働く以外の生き方はないのか

【独立に向けて】会社を辞めたいので辞めたときに月いくらくらい必要か知るために支出を計算してみた

【大学生のうちに知っておきたかった】会社を辞めた後、フリーランスになってからの仕事ってどんなものがあるの?収入ってどうなるの?

【退職してフリーランスとしてやっていく不安を減らすために】会社を辞める条件をまとめてみました

【本気でフリーランスになろうと決めた日】目標は生活できる額を出来るだけ早く稼ぐこと。まずはランサーズで月20万円。案外稼げるのかもしれない。

退職が決まった3月5日のこと

  • 仕事を辞めたきっかけ
  • 辞めたあとの稼ぎ方
  • 辞めたあとの生活
  • 将来の展望

など、書きたいことはたくさんありますが、これらについてはまた改めてまとめます。

ここではひとまず、辞めることが決定した3月5日について書きます。
けっこう人生のターニングポイントになる日なんじゃないかな、と思っているので。
当日のメモ書きをもとに、記録を残しておきたいと思います。

直属の上司に伝える

当日、朝一に直属の上司である係長と個室で面談する機会があったので、そのときに「退職します」と伝えました。
「1年で辞めてしまって、ここまで時間をかけて育ててもらったのに申し訳ない」旨を伝えると、
「勘違いしないでほしいけど、社員としてのこここくんを育てていたわけではないからね。こここくん自身を育てていたつもりだから、そこは気にしなくて良い。次の仕事に活かしてほしい」
と言われました。さすが漢です。たじろぐことなく即答で断言できるなんて、かっこいいです。
厳しい上司ではあったけど、そういうことを顔色を変えずに言えるってのは本当にすごい。
きっと本心でそう思ってくださっていたのでしょう。

「全面的に応援する」とも言われ、いい上司に恵まれていたんだなと。
この係長、さすがいろんな人に好かれるだけのことはあります。

ただ、やっぱり伝えたタイミングはめちゃくちゃ悪かったようです。
「遅くとも1月くらいには言ってほしかった」、
「辞めると決めきる前に一度相談してほしかった」、
とも言われてしまいました。

言うのが遅かった、という点は大変申し訳なさを感じています。
迷惑をかけることになるため、深く反省しました。

事前相談については、どちらにせよしなかったかなと思います。
「気持ちが揺れている」程度の状態では、相談したところで上司に無駄な時間を使わせたり、不安がらせるだけでしょうから。
何よりずっと辞めたさは強くあったのですから。
「上司に辞めると言うときは、辞めると決めたときだ」くらいには漠然と考えていました。

直属の課長に伝える

そして係長から
「課長に伝えておくから、そのあと課長と面談することになるよ」
と言われました。
課長からお声がかかるのを業務をしながら待っていました。

夕方、課長にも「退職します」とお伝えしました。

課長は
「同じ職場に2年くらいいてこそ自分の成長を感じられる。フリーとしてやっていく上でも必要だろう調整能力も身に付くよ」
と言いつつも、
「でも今の時代出来るだけ早く次に移った方が良いという考えもあるよね」
など、「慰留してるんですよ」と言いつつも、こちらの都合にまで思いを巡らせたような話ぶりでした。

結局慰留なのか心配してくださっているのか分からない感じになっていました。
そこらへんに、課長の人の良さと考え方の若々しさ・リベラルな感じが出ていました

また、いろいろと質問してくださって、僕自身も思いの丈を伝え、話したいことを話せました。
そういう気遣いだったのでしょう。
お話できてとてもよかったです。

他にも、「結局のところ仕事は誰かとのやり取りが発生する。その調整能力を磨けるのがこの会社」
「まだ若いから万が一ダメでも再チャレンジできる」
「自分も奥さんがフリーランスだけど、孫請みたいになってて結構ブラックだよ。業界は違うみたいだけど、がんばらないとね」
など、アドバイスや僕を気遣ってくださる言葉をたくさんかけてくださいました。
「またよければ連絡してください。1年だけど一緒に仕事した仲だから」
とも言ってくださって、胸がじーんと熱くなりました。
僕の周りはなんていい人ばかりだったのでしょう。

そして未定だった退職日ですが、
「4月1日から別の人を配置しないといけないから」
ということで3月31日の退職と決まりました。
※その後の話では、結局僕の代わりの人は人事異動の配置で間に合わなかったようです。4月からは欠員状態で業務が開始されるようです。これは僕自身もかなりこたえました。迷惑をかけた申し訳なさがすごいです。

出来るだけ早く辞めて次の生活をスタートしたいとは考えていたけれども、想像以上に早い退職となりました。
ネット上では「2カ月前くらいまでには伝えるのがマナー」などと書かれていましたし、早くても5月とかかな、などと考えていただけに、僕自身が驚きました。

しかし、これで早く新しい道にチャレンジ出来ると思い、静かなわくわく感が込み上げてきました。

退職が確定したときの気持ち

係長や課長に退職の意を伝えたとき、思った以上に自分自身ニュートラルな気持ちでした。
もっと緊張したり、おどおどしたりするかと思っていましたが、普通でした。
まぁ、当日も仕事が普通にあったしやることたくさんあったし、それどころじゃなかったというのもあります。

ただ、その日一日はなんだかぬるい安心感のようなものが自分の中に漂っていたように感じました。
「やっと終わるのか」と。
「やっと始まるのか」と。

「きっと退職日が近づくにつれ、この先の生活へのわくわく感と不安感が押し寄せてくるのだろう」
と当時は冷静なつもりでしたが、振り返ってみると当日や翌日、家でのテンションはちょっとおかしかったです。
妙に静かにテンションが高いというか、高揚感があるというか、むしろ浮遊感のようなものがありました。

4月1日からのフリーランス生活に向けて

3月5日以降の気持ち

そうは言っても突然不安に襲われることもたまにありました。
特に、後日親に事後報告をしたときに受けた指摘で
「そういえばそこは盲点だった!」
と退職後の不安を掻き立てられたときなどは結構不安に落ち込みました。

しかし、前もって、
・下調べをしたり、
・シミュレーションをしたり、
・実際にフリーランスとして働く人の話を聞いたり、
・貯金したり、
いろいろ準備をした上での退職ということもあり、
「まあなんとかなるっしょ!」
日々ポジティブに新生活を楽しみにしています。

心配性な自分にしてはかなりめずらしいです。
それほどまでに、この選択が自分の理想とする生き方への第一歩だということ、と考えておきましょう。

退職日3月31日までの過ごし方【会社編】

まずは今の会社で3月31日までどんな風に過ごしていくのか、テーマを絞って書いてみます。

有給

有給は使わないことにしました。
退職を申し出てから退職まで日がないこともあって申し訳なさもすごいし、少しでも罪滅ぼししてこちらも気持ち良く辞めたいので、残っている27日くらいの有給は使わずに退職日を迎えることになりそうです。
納得はしています。
ごめん、うそ。27日フルでめっちゃ休みたい。

ただ、あの職場で僕はささやかな存在であれ、一人がずっといないのは大変だろうし。
自己満足ですが、最後までがんばりましょう。

引き継ぎ資料

やり残した仕事を出来るだけ終わらせ、引き継ぎ資料をきちんと作って去りたいです。
引き継ぎ資料がほぼ皆無だったがために、1年目の僕はあんなにも苦労したのではないか、と今になって思いますので。

マニュアルばかりに頼っていてはダメと言う人もいますが、それでもまず始めの拠り所としてマニュアルはしっかり整備されているべきです。
マニュアル、言ってしまえば「型」があってこその「臨機応変・変幻自在」です。
「序破急」です。
ですので、出来るだけ業務のマニュアルを作成してから去ります。

退職日3月31日までの過ごし方【私生活編】

会社の話とかもういいです。
もっとわくわくする、私生活や4月からのことについて語りましょう。

4月までにやっておきたいこと

本当はいろいろやっておきたいことがありました。

4月から稼ぐための準備として

  • Google アドセンスに申し込む
  • アフィリエイトのサイト見てみる
  • BASE・ココナラなどに出店する
  • ランサーズのプロフィール作り込む
  • ブログ記事たくさん書く
  • ライティング・アフィリエイトなどの本を読む

などなど。
出来たものもあれば、出来なかったものも多いです。

なんなら現在は週末が自炊に充てられています。
翌週のために作り置きを作っています。
そして忙しい平日は料理をすることなく、昼はお弁当持参、夜は家ごはん、という超節制生活を実現しています。
料理本ですが、以下の3冊がめっちゃいいです。

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

 

この本で僕の料理生活は変わりました。「作り置きして一週間それを食べればいいんだ!」というのが目からウロコでした!

つくおき3 時短、かんたん、パターンいろいろ (美人時間ブック)

つくおき3 時短、かんたん、パターンいろいろ (美人時間ブック)

 

『つくおき』シリーズ本です。ちなみに2冊めの『もっとつくおき』は僕には微妙でした…。

材料2つde超簡単! Mizukiのやみつきおかず (レタスクラブムック)

材料2つde超簡単! Mizukiのやみつきおかず (レタスクラブムック)

 

この本の料理はめっちゃ美味しく出来ます!しかも少ない材料で簡単に!
特に、一番最初にある、鶏肉に調味料を揉み込むやつが超お気に入りです!

これらが簡単・美味しいので最強です。愛用しています。唐突に超おすすめします。

料理は手軽なモノづくりなので、
「何か作りたい欲がすごいけど何作ればいいか分からない」
僕は今、料理がとても楽しいです。

これも、支出を減らしてフリーランスで生きていきやすくするための準備の一つです!

4月から習慣化したいこと

また、4月以降、フリーランスとしてのライター等のお仕事の他に自分のスキルアップのために時間を作って毎日やりたいことを書き出したりもしています。
ひとまず以下のようなことはやりたいです。

  • プログラミングの勉強
  • 統計の勉強
  • 英語の勉強
  • ブログ更新
  • アフィリエイトサイト育てる
  • 本を読む
  • いろんな経験をする・外にも出る
  • ジム通い

将来的にはプログラマーとしてもやっていけるくらいになりたいです。

夢は膨らみます!
本当はこういうことが仕事後に出来ると思って今の会社に入ったのですが…。ダメでしたね。身体的にも精神的にも疲れ果ててましたね。
その分、4月からがんばります!!

おわりに

僕の人生の転機となった【2018年3月5日】、その記録をここに残します。

仕事を辞めようか迷っているあなたの背中を押せるような記事にはなっていないと思いますが、
「ふーん、そんなかんじなんだ」
って少しでも参考になれば幸いです。

自分の理想の生き方へ向けて、一緒にがんばっていきましょう!!

(おしまい)

他の記事のご紹介

独立・フリーランスについて、考えたこと・感じたこと・情報収集したこと等、書いています!

www.kokokocococo555.com

「こここブログ」について

主として、「大学院→公務員→フリーランス」とふらりふらりとしてきた私(こここ)が、
その想いやフリーランス生活について書き散らしていくブログです。
・「独立したいなー」
・「でも不安だなー」
と思っている方に背中をお見せすることで、少しでも楽になっていただければと願っています。

大学卒業後の進路選択がもっと多様になってほしい、という大きな目標もあります。

ただ、基本的に雑記ブログです。フリーランス、プログラミング、読書、ゲーム等、テーマは興味のままに。

読者登録して気にかけていただけるとめっちゃ喜びます!
ぜひともぜひとも!!