こここブログ

「この世にはこんなにもやりたいことがある。」やりたいことがありすぎる。時間が足りない。もっと違う生き方をする。こここが会社を辞め、フリーランスになり、生きていく記録です。皆様のご参考になれるといいな。

ABOUTCONTACTGitHub

「暇」があるなら僕にくれ!「暇」について考えてみよう

(投稿:2018/03/17|更新:2018/05/14)

こんばんは。こここ(@kokokocococo555)です。

今日は「暇」について、思うことをつらつら書くだけです。

「暇」なあなたも、好奇心旺盛でやりたいことが多すぎるあなたも、活字を読むのがお好きなあなたも、ちょっと立ち寄っていきませんか?

f:id:kokokocococo555:20180317195501j:plain
好奇心旺盛といえばネコ。かわいい。

これまでの「暇」

気が付けば「暇だな」と考えなくなった。
「暇ってなんだ。こちとら時間が全然足りないんじゃ」とか敵を作りかねない性格の悪い事を考え出したのはいつからか。
おそらく高校・大学あたりからだったのではないか。

小学生のころは「暇」が多かった

小さい頃、それこそ小学生のころはかなり「暇だな」って感じてた気がする。
つまんないけど静かに座ってないといけない授業中だったり、たまたまやると見つからなかった休み時間だったり、外出先での待ち時間だったり。
とてもとても暇だった。
毎日が長かったように思う。

高校・大学以降は「暇」がなくなった

しかし高校生くらいから「暇」と感じることはめっきり減った。
高校のころは部活の弓道、勉強、そしてゲームやアニメ、ラノベのことばかり考えていたように思う。
やりたいことに加え、やるべきことも大量にあった。
少しでも時間が空けば、友人と話すか、本を読むか、単語帳を見るか、といった生活だった。

大学に入ってからはより一層「暇」がなくなった。
その日その日にやるべきことはむしろ減った気がするが、やりたいことだらけだった。
それは今も変わらない。やりたいことが多すぎる
いくらでも本を読みたいし、マンガもアニメも観きれないほどあるし、やりたいことはそのときそのときで変わってはいるけれども、本当に尽きない。
ゲームだったりギターやピアノだったり、弓道だったりプログラミングだったり、がんばりたいものも後がどんどんつっかえている。
それに勉強もしたい。歴史とか高校までめちゃ嫌いだったけど、一度楽しみながらいろいろ知りたい。
正直焦る。

「暇」ってなんだ

最近なんとなく
「じゃあ暇ってなんだったのか」
と考えていて思ったことが、
「興味ない状況に強制的に突っ込まれて、しかも自分の好きなことが出来ない状態」
これが「暇」の正体なんじゃないだろうか。

成長し、空き時間にも出来ることのレパートリーが増えたため、「自分の好きなことが出来ない状態」が生まれにくくなったということ。

じゃあ、「暇」を感じない人ってどんな人なんだろうか。

なぜ「暇」と感じないのか

僕自身を例に考えてみる。
「暇」と感じないのは単純にやりたいことが多いから。
そして、活字を読むのが好きだからなのではないだろうか。

「暇」と感じないのは活字が好きだからか

一番代表的な暇な時間といえば、
「手持無沙汰な待ち時間」
だろう。
特に外出先での待ち時間。
これが暇じゃなくなったのは携帯やスマホの存在が大きいのかな。特にスマホ。
今ではマンガも小説もスマホで読める。どこでも読める。すごい。

そして活字を読むのが大好きな人はそんな時間も嬉々として何かを読んでいられる。
だから僕は案外待ち時間とか好き。大義名分を持って活字を読める。

スマホのおかげか?と考えもしたけれども、スマホの無い時代から僕は外出時にはほとんど常に何かしらの本を持ち歩いていたので、結局本がスマホに変わっただけやった。
しかも今でもまだ本を持ち歩く。
人は簡単には変わらない。

活字が好きだとほんと時間はいくらあっても足りない
空いている時間は暇なのではなく、活字を読む時間なのだ。
ものを読んでいい時間なのだ。
活字を読む時間は充実感がある。
つまり素敵な時間。
そこに無駄はなく、つまり暇なんてない。

趣味がある人には「暇」なんてないのか

加えて、趣味や好きなことがある人には暇なんてないのではないだろうか
空いている時間は趣味関係のことに費やされる。
スマホが普及した現代はなおのことそうだろう。
空き時間は好きな事についての情報収集や情報発信に充てられるのだから。

「暇」を感じない人はその分「焦り」を感じやすいのか

ただ、僕自身は「暇」がない代わりに、常に「焦り」はあるのかもしれない
「何かしていなければならないんじゃないか」
「時間を無駄にしていないか」
といった焦りに常に急き立てられている。
だらだらした時間が苦手で好きじゃない。
だらだらしたいと思う自分と、だらだらしていいのかと焦る自分がいる。

正直、ちょっと余裕のない性格なんだと思う。
「暇」と「余裕」は表裏一体なのかもしれない。
余裕ってめちゃくちゃ大事だとは思うんだけどね。
余裕のある人間になりたい。

さいごに

やることが全然無いバイトとかで、かつその時間に本やスマホNGとかだと、さすがの僕も暇やなとか感じそう。

しかしそういった限定的な状況でなければ、SNSやソシャゲなどが普及したこのスマホ全盛期のご時世、たとえ活字が好きじゃなくても、趣味がなくても、そうそう暇なんてないと思っていたけれども、それはあくまで僕の感じ方。

この文章を最後まで読んでくれたあなたはどう感じましたか?
「暇」だから読みました?
それとも活字好き?
(読んでくださって本当にありがとうございました!コメントとかいただけるとうれしいです!)

(おしまい)

 

「こここブログ」について

主として、「大学院→公務員→フリーランス」とふらりふらりとしてきた私(こここ)が、
その想いやフリーランス生活について書き散らしていくブログです。
・「独立したいなー」
・「でも不安だなー」
と思っている方に背中をお見せすることで、少しでも楽になっていただければと願っています。

大学卒業後の進路選択がもっと多様になってほしい、という大きな目標もあります。

ただ、基本的に雑記ブログです。フリーランス、プログラミング、読書、ゲーム等、テーマは興味のままに。

読者登録して気にかけていただけるとめっちゃ喜びます!
ぜひともぜひとも!!