こここブログ

「この世にはこんなにもやりたいことがある。」やりたいことがありすぎる。時間が足りない。もっと違う生き方をする。プログラミングやIT、登山、アニメ、マンガ、Webライティングなど。

大学生のうちに知りたかった「自力で稼ぐ方法」7選-僕でも出来そうなフリーランスの仕事・稼ぎを独断でまとめてみた

(投稿:2018/02/05|更新:2018/05/20)

f:id:kokokocococo555:20180514163630p:plain

こんばんは。こここ(@kokokocococo555)です。

「会社辞めてフリーランスになりたい!」

そこで、
「会社を辞めた場合、どのような収入源があるのか、それらはどれくらい稼げそうなのか」
について調査し、まとめることにしました。

僕でも出来そうなお仕事を独断で7種類調べてみました。
以下の7つがそこそこやれそう・面白そうかなと思います。

  1. クラウドソーシング
  2. ブログ・アフィリエイト
  3. 投資
  4. 愚痴聞きバイト
  5. 宿題代行
  6. オンライン家庭教師
  7. 卒論のサポート

僕と同じように

・サラリーマンを辞めたいけどその後の収入に不安のある方

・副業を考えている方

参考になりましたら幸いです。

目次

まとめた人はどんな人?まとめ方針

収入源と言ってもその人が持つスキルや個性によって千差万別でしょう。
つまり、「どんな人がまとめた情報なのか」という視点は重要です。
そこで、まずは僕のスキルについて棚卸ししてみました。

また、この先の自分の生き方を考えるわけで、自分用にまとめることが具体的で現実的な情報になるかと思いますので、その方針でいきます。
ですので、網羅性よりは具体性と興味を優先させています。
もちろん以下の仕事以外にも稼ぐ方法は無数にあると思います。

しかし、僕と似た性質がある方にとってはより具体的で有益な情報になるかと思います。
よろしければ引き続きご覧ください。

スキル

僕にはこれといってずば抜けたスキルはありません。

強いて言えば以下のものがあるため、これらのスキルで可能な仕事を探してみました。

1.カウンセリング・愚痴聞き:大学で心理学をやっていたので、カウンセリング技法について少し学んだしロールプレイの経験もある。クライアント相手の実践経験はない。

2.インタビュー:人の話を聞くのは好き。修士論文でもインタビューから分析を行った。働いている人20人近くにインタビューした。

3.統計分析:心理学やっていたのでそこそこ出来る。Rを使ってコンサル会社で分析補助のアルバイトをしたりもしていた。

4.プログラミング:興味本位で触ったことある程度。pythonを用いて機械学習や自然言語処理が見よう見まねでできるかな、程度(パッケージを使用する)。最近はJava、JavaScriptを勉強中。

5.文章:書くのは好き。ただしライティングの勉強や訓練、試行錯誤をしたことはまだない。

6.試験勉強:得意。ただし塾講師や家庭教師のアルバイトは向いていなかった。

求める仕事の特徴

  • 自分の中にスキルが積み重なっていくような仕事だといいなと考えている。
    プログラミングやら文章作成やら人々への訴求スキルやら。
  • 時間をお金に変えるだけの仕事は避けたい
    スキルが積み重ならない、単価も上がらないため。
  • 単価・時給が安い仕事も避けたい
    今後、今のスキルだけでは早くに頭打ちする。
    そこで、自己研鑽、つまり勉強の時間を取り、て更に単価や時給を上げていきたい。
    フリーは自分のスキルが命。それを磨き続ける必要がある。
    IT、デザイン、統計学の勉強をしたい。

情報源

情報源についてはネット上のブログ等や各サービスの公式ページなどを参考にしています。
あと、この前たまたまコンビニで見つけた本↓も参考にしています。
アイデアのネタとして買ってみました。

こんな本がコンビニで売っている、政府も推し進めている、世の中の流れは副業にあり、ですね。

surprisebook/月に10万円稼ぐ副業 楽しいサイドビジネス

surprisebook/月に10万円稼ぐ副業 楽しいサイドビジネス

 

具体的な仕事7選

以下紹介する仕事はどれもそれ単体で生きていくほど稼ぐのは結構大変かもしれません。

しかし、何も単体に絞る必要はないのです。

それぞれが仮に月3万円の収益であっても、それが10本あればそれで月30万円です*1

こうなれば生きていけますね。しかもその場合、各事業にはまだまだ伸びしろがある。

リスクも分散されている。最高ではありませんか。

では、実際に見ていきましょう。

一 クラウドソーシング

いろんなお仕事が外注されているプラットフォーム、という感じです。

プラットフォーム

  • プログラミング作成案件の多さ:業界1位と言われている
  • 翻訳案件の多さ:業界1位と言われている
  • ライティングについては、後述のランサーズより案件の雰囲気がラフな印象
  • 老舗
  • プロフェッショナルな案件の報酬額が高いらしい
  • ネット上で、webライターとしてフリーランスで月収20万円以上稼いでいる方はランサーズを使っている印象
  • ライティングについては、クラウドワークスよりもかっちりとしていて、専門的な案件・単価の良い案件・継続案件が多い印象
  • <2018.05.01>開始から1ヶ月で「認定ランサー」に指定されました!わーい!うれしい!
3.サグーワークス
  • ライティング専門
  • 発注企業とライターの間にサグーワークスのディレクターが入るため、発注者との直接のやり取りが発生しない
  • テストを受けて「プラチナライター」になることが出来れば高単価案件(文字単価1円以上)を受けられる
    • <2018.05.02>プラチナライターテストを受験し、一発合格することが出来ました!わーい!うれしい!
    • これで、高単価案件に参加出来ますし、何よりWebライターにとってなかなか得ることが出来ない「修正・フィードバック」をいただく機会も確保出来ます!
    • プラチナライターテスト、おすすめです!無料で何度でも受けられます!
    • しかも不合格だった場合でも、丁寧な添削が返ってくるため、スキルアップに繋がります!
    • ただし、受験から結果発表まで時間がかかります
      ※僕の場合はおよそ2週間半かかりました:4月14日受験→5月2日結果発表
    • リスクなし、合格・不合格どちらでもメリットあり、と最高です。
      結果出るまで時間がかかるので、今すぐ一度受けてみてはどうでしょうか?

    • キャラクターがかわいい。

他にもプラットフォームはいろいろあるようです。随時追加していきます。

案件

  • ライティング
  • データ分析
  • 文字起こし
  • 翻訳
  • システム開発
  • VBA

などなど、多様なものがある。

特筆したスキルのない自分とかだと、やはりライティングに興味が出ます。
ライティングだとその後別のライティング業やらブログやらにも生きてくるかもしれませんし。
何より、webライターが始めやすく、かつ食べていくくらいは稼げるようです。

稼ぎ

  • 月額:初めのうちは案件があまり取れないとすると、単価平均1000円を週に5件とすると、1000*5*4=20000円。
  • フリーランサーの方々がどれくらい稼げるものなのかは今後調査していきます。(追記)→webライターの稼ぎについて、記事書きました!

<【関連記事】まずはランサーズで月20万円稼ぐ。案外稼げる?【本気でフリーランスになろうと決めた日】 - こここブログ

利点

  • 自分で営業をかけて一から仕事を引っ張って来なくて良い。
  • プラットフォームが間に入ってくれるので事務的な手間が減る。
  • 利用方法や案件受注のコツ等のノウハウがネット上に多く公開されている。

懸念

  • そもそもプラットフォーム上に、生活していけるだけの案件数があるのか。
  • 生活していけるだけの案件数を受注できるのか。
  • 見たところ、案外案件が少ない+競争が激しい+単価が安い。
  • クラウドソーシングのみに頼ると、案件がなくなってしまったら終わるという他人任せの収入源となり、危険。
近年、クラウドソーシングで生計を立てている人もいる、という話を聞きます。
海外では結構な割合の人がクラウドソーシングでフリーランスして生きているという話も聞きます。
ですので、会社を辞めた後の本命はこのクラウドソーシングなのではないかとも考えていたのですが、サイトを覗いてみた印象として、上に挙げた懸念点がどうも引っかかります。
案外案件が少ないですし、他者との受注競争みたいになっています。
何より、月に10万20万稼ごうと思うだけでも20~200件くらい受注しないといけないのではないでしょうかこれ(月にです)。
なかなかに骨が折れそうです。
これは経験者の方の話をきちんと聞く必要がありそうです
実際クラウドソーシングで月に10~数十万円稼いでいる方もTwitterとかでは見かけますし、やり方はあるのでしょう
近々まとめたいです。
(追記)→まとめました!案外月20万円はがんばれば普通にいけるようです!!

二 ブログ

 ブログ収益化方法

参考:ブログアフィリエイトのおさえるべきポイント。月収30万円に必要な戦略とは? - MUTANT

1.google Adsense

  • クリック報酬型広告
  • 1PV 0.3円程度(1件10円くらい?)

2.Amazonアソシエイト

  • 成果報酬型広告(商品購入。表示商品以外の購入含む)
  • 1件数%(本の場合3%)

3.アフィリエイト

  • 成果報酬型広告(商品購入・サービス契約)
  • 1件1000円程度から10000円なども

4.アプリアフィリエイト

  • 成果報酬型広告(アプリインストール)
  • 1件200円~500円(1000円、2000円も)

参考:ブログでアプリを紹介して収益を上げる!おすすめのアプリ広告に特化したアフィリエイトを紹介するよ - MUTANT

稼ぎ

  • 月に数百万~数千万稼ぐ強者がいる一方で、月に数万円稼げればすごい、とも言われている。
  • 月額:「まずは月に3万円を目指そう」「次は30万円」という話をよく聞く。

利点

  • 在宅、一人で黙々と作業ができる。
  • 自分の好きな時間・場所で作業できる。
  • やればやるだけ報酬に繋がりやすい。
  • ある事柄について調査し、文章を書くのが好きな人には向いている(大学のレポートや論文と似ている)。
  • 試行錯誤しやすい。
  • 不労所得、自動販売機を作ることが出来る
  • 当たれば普通の会社勤めでは届かない額を稼ぐことも可能。

懸念

  • 本当に収益化出来るのか不明瞭(自分のスキル・運など)。
  • 稼ぎが出てくるまでに時間がかかる(6ヶ月~1年程度は我慢の時期)。

ノウハウメモ

  • 6ヶ月~1年くらいは成果が出ないことが多い。
  • 6ヶ月や1年の壁を越えると跳ね上がる。
  • 重要なのは「日々地道に更新すること」・「ユーザー側の目線で作成すること」・「検索からの流入を意識すること」。
  • 独自ドメインを早めにとるとよい(ドメインパワーー検索上位表示力みたいなものーを強めるため。はてなブログとか閉鎖したりしたときのため)
 など

在宅で生きていく、フリーで生きていく、といったときに一番に思い浮かぶのが「ブロガー」でした。

皆さんは何が一番に思い浮かんだでしょうか。

しかし一方で、ブロガーがいったいどうやって収益を上げているのかはよく分かっていませんでした。

上記のAdsenseやらアフィリエイトやらから分かることは、記事からお金を作るということはつまり「商品やサービスを人に紹介して、その紹介料をもらっている」というイメージなんだな、ということです。

おそらくただ闇雲にブログ記事量産しても意味ないわけですね。

僕みたいな凡人はきちんと想定読者を選定し、標的を定めてその顧客帯に刺さるような記事を書く必要があるわけです。

こうしてみるとブロガーも立派な労働ですね。

webマーケターですね。

しかしやはり在宅でできる・多くの場合は一人で黙々と作業できる・不労所得になる、という点は捨てがたい。

この点がめちゃくちゃ魅力的に思える人も多いのではないでしょうか。

しかもアフィリエイトは

  1. 記事を書く
  2. サイト訪問・広告クリック・購入、といった行動を把握
  3. 記事の反省をし、ノウハウを蓄積
  4. 次の記事を書く・既存記事を修正する

という試行錯誤を繰り返していけるわけです。

PCDA回しまくりです。

難しそうではありますが、何と分かりやすくもあることか!

試行錯誤出来るのはものを作りながら考えていく人にとっては素晴らしいことですよね。

三 投資

1.株
  • 自身のスキルに出来れば収入の柱にする価値あり。
  • 月5%くらいならば無理せず利益出せるか?
2.仮想通貨
  • 少し前までならば収入と考えても良かったが、今後どうなるか不透明。バブルが終わったら死ぬ。
3.FX
  • まだ勝ててないので収入の一つと考えるのは無理。評価は保留中。

稼ぎ

  • 「元手×リスク」によって変動する。
  • 月額:月5%と考えると、100万円で始めれば月5万円。10万のときもあれば-5万のときもある。平均して5万円、といったイメージ。

参考:【動画公開】株のデイトレード初心者が100万円を1億円にするためのプランとは の記事中の表なんか分かりやすいです。10年間で100万円を1億円にするためには、月に5%の収益でよい、という方法。

利点

  • 在宅、一人で黙々と作業ができる。
  • 自分の好きな時間・場所で作業できる。
  • 元手が大きくなるほど収益も大きく出来る
  • 収益を生活費等にしなければ、複利計算で雪だるま式に増やしていくことができる。
  • 投機方法によっては労働時間を掛けずに収益化できる。

懸念

  • マイナスが発生する可能性がある。
  • 元手が必要。
  • 世間の景気等に左右されることがある。
  • そんなにうまくいかないことも多い。

「投資で生きていくぜ!」これまた一度は夢見る、そして案外よく聞く話なのではないでしょうか。

ただし、こればっかりは一定のスキルと原資がなければ博打に早変わりしてしまいます。

投資だけの専業で生きていくのは選ばれし者の選択肢なのかもしれません。

収入源の一つ、それも補助としての位置づけならば大いにありだと思っています。

特に株はありかなと。

FXは20万円の元手で初めて1ヶ月で10万円溶かしました。こわこわ。

それで一旦撤退中ですのでちょっと評価保留です。

きちんと学んで準備してからリベンジします。

四 愚痴聞きバイト

愚痴を聞くアルバイト。

業者に登録することが多いです。

個人での募集も可能ですが、その場合課題はどうやって募集するかです。

稼ぎ

  • 時給:900円~1000円。普通ですね。
  • 月額:週に3日、2時間案件があるとすると、1000*2*3*4=24000円

利点

  • 在宅で出来る。
  • カウンセリングスキルを活かせる。

懸念

  • 稼ぎは少ない。
  • 精神的に疲れる可能性が大きい。
  • 雇われアルバイト。
  • 専門的スキルが身につかず、次に繋がりにくい?
  • 人気職種のようで、有名所だったりすると登録定員が埋まっている。
  • 40代以降の女性が愚痴聞き屋として人気らしい。人生経験のある女性に話を聞いてもらいたいのだろう。となると自分は何か別のアピールポイントを作るか、別の顧客層をターゲットにする必要がある。ひと捻りが必要

上で紹介した本で初めて知りました。

そんなお仕事あるんだ!って感じです。面白い。

話を聞くのは好きですし、学生時代にカウンセリングについて学び、興味を持っていたのでかなり心惹かれる仕事です。

時給低いですし、今後稼ぎに直結するスキルが身につくとも思えませんが、これはぜひやってみたい。

独立するなりなんなりで時給を上げる方法はあるのでしょうか。

現在、特に有名所はすでに登録定員いっぱいで登録出来なかったりします。

業者に登録するのではなく、「ココナラ」や「BASE」等で自分で出品するなどの方法が必要かもしれません。

※ココナラとは・・・自分のスキル等を出品することができるプラットフォーム。「スキルのフリーマーケット」を標榜している。

”ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるオンラインマーケットです”

引用元:あなたの得意や経験を簡単出品 | ココナラ

※BASEとは・・・自分のネットショップを開設してできるプラットフォーム。物の販売はもちろん、「お悩み相談」などのスキルも出品できる様子。

”ネットショップの作成はBASE!
多彩なデザインテンプレートと安心な決済方法で
あなただけのお店を、無料で簡単に

引用元:BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

自分だったら、大学生のときにうつっぽい症状になった経験を活かして、大学生の相談に乗る、とかが良いのかもしれません。

その場合、「どこで顧客を募るのか」「時間単価を上げづらい」といった問題点はあります。

五 宿題代行

小学生の夏休みの宿題を代わりにやってあげたり、大学生の卒論やら履歴書、志望動機等の作成などです。

例:宿題代行 家庭教師 バイト募集 - 株式会社ジーニアスアシスト

登録スタッフ・バイト募集のお知らせ | 宿題代行屋Q | 読書感想文・工作代行・自由研究※募集停止中

稼ぎ

  • 歩合制。案件をどれだけ集められ、どれだけ効率的にこなせるかで変動しそう。
  • 小学生の作文1文字6円~なので、原稿用紙1枚2400円くらい。中高と進むにつれ単価高くなる。
  • 月額:大学生のレポートA4を2枚(2400文字程度)を月に3件とする。8円/文字とすると、8*2400*3=57600円/月。問題はレポート1件に約20000円も出す大学生がどれほどいるのか、競合他者がもっと安くで受託してしまい、価格競争になってしまわないか。

利点

  • 在宅で出来る。
  • 学校の宿題がなくならない限り、案件はなくならないと思われる。
  • 小中高大での経験・勉強が直接活かせる。
  • うまくできればある程度の額を稼ぐことができそう。

懸念

  • 価値観によっては、良心の呵責がある人もいそう。
  • ある程度の数の案件を継続的にうまく受託できるかどうか未知数。
  • 長期休暇に案件が集中しそう。日々の宿題でこまめに使用するにはノート等のやりとりが難しい?
  • レポート1件に約20000円も出す大学生がどれほどいるのか、競合他者がもっと安くで受託してしまい、価格競争になってしまわないか。

これも先述の本で初めて知りました。

宿題をアウトソーシングって、学習上は本末転倒なような、でも時間をうまく生み出すという意味では頭良いような。

賛否両論あるでしょうが、もはや当人の価値観によるといった感じです。

需要はかなりありそうです。

業者への登録のみならず、ネットでのアウトソーシング案件もありそうですね。

有名学校卒などアピールポイントがあれば「ココナラ」への出品もよいでしょう。

PCでデータのやりとりが可能な大学生のレポートなどが良さそうです。

ただし懸念はそんな金回りの良い大学生がどれほどいるのか。

その点は大学生本人ではなく、大学生の親御さんなら払ってもらえそうでしょうか。

「レポート作成使い放題プラン月額6000円!飲み会二回分のお金で飲み会何回分の時間を節約できるでしょうか!」

とか面白いかもしれないですね。

六 オンライン家庭教師

Skypeなどのテレビ電話を利用した家庭教師。

学生向けのみならず、社会人向けのニーズもある。

自分のスキルの有無に依存する仕事。

例:オンライン習い事なら日本最大級の 「カフェトーク」

講師募集 | インターネット家庭教師eゼミくん|オンライン家庭教師・個別指導 ※普通の塾講師のように縛りがある印象。今回の記事テーマには合っていない。

稼ぎ

  • 時給1000円~2000円程度。2000円は欲しいところ。
  • 月額:週2日、各1.5時間とすると1.5*2*4*2000=24000円

利点

  • 在宅可。
  • 一度顧客がつけば一定期間の収入見通しが立つ。
  • アルバイトのときに後輩に教えたり、大学院のときに学生に教えたりしていたことを思い出せば業務の見通しも立つ(そこまで気構える必要はなく、道を引いて補助するイメージ)。

懸念

  • ニーズのあるスキルを提供できるか。
  • 相手の求めるレベルが高かった場合、それについていけるか。

これも先述の本より。自分が提供できるとすれば

  • 社会人向け・プログラミングの初歩の初歩(pythonの開発環境設定のサポートと機械学習の触り)
  • 社会人向け・統計分析(Rの開発環境設定のサポートと統計分析についての触り)

くらいでしょう。需要はいかほどでしょうか。

七 卒論のサポート

自分が心理学出身であり、大学院生のときに学部生の少人数演習を担当したこともあるため、その経験を活かして心理系の学生のレポートや卒論の統計分析補助を行う。

最低目標はレポートや卒論の完成だが、作成や分析をサポートすることで、学生本人が心理学の調査や実験。

統計分析が出来るようになってもらえたらうれしい。

RとRStudioを使えるようになりますよ、という触れ込みで行きたい。

稼ぎ

  • 時給2000円程度。
  • 月額:週に1時間、4人とすると1*4*4*2000=32000円

利点

  • 自分のスキルを活かせる。
  • 大学生の友人や後輩も紹介してもらえば一定数の収入源になりうる。
  • 大学院のときに学生に教えたりしていたことを思い出せば業務の見通しも立つ(そこまで気構える必要はなく、道を引いて補助するイメージ)。

懸念

  • 顧客へのアプローチ方法をどうするか。
  • ニーズはあるのか。
  • 適正な金額はどれほどか。

SkypeやらLINEやらでの相談をオプション・サービスとしてつけるのも面白いです。

進路相談やら生活相談に乗るのも良いですね。

そうこうしていると「大学生に寄り添い応援する総合サービス」みたいになりそうです。それも良い。大学生を応援したいです。

この事業は社会的な意義も大きいと思っています。

僕が大学生のときにお世話になった教授は常々

「心理学で卒業論文を真剣に書く経験は重要なこと。問題を見つけ、仮説を立て、検証する、という流れを論文で実践したことはこの先役に立つ」

とおっしゃっていました。

また、統計分析の考え方やスキルについても、何らかのタイミングでその人を助ける一つのツールとなるかもしれません。

しかし一方で、心理学系の学生は文系出身の方が多いこともあり、統計が苦手な方が多いです。

心理学の卒論に統計分析はほぼ必須なのに、です。

そのため、SPSSなどのソフトを用いてよく分からないままに分析し、出てきた結果で卒論をなんとか書いているという状況の方が多いという話を聞きます。

ここに、お助けキャラとして一応研究や分析に強く携わってきた僕のような人間が入ることで、学生さんにとって卒論作成をより楽にするだけでなく、卒論作成をより意味の大きい経験に出来ると考えています。

学生さんもうれしい、僕もうれしい、そして超多忙な大学の先生もうれしいかもしれないです。

TA制度のない大学も多くあるでしょう。

需要はあると思っています。

なんなら卒論よりはるか前、日々のレポートなどの段階からサポートさせてもらえれば、とすら考えています。

問題はどこで学生さんにアプローチすればよいかです。

レポート作成や統計、調査や分析でお困りの心理系の学生さん、TwitterへのDMをお待ちしています(笑)。

まとめ(+特に大学生で就職したくない人へのメッセージ)

このように、在宅向きで、フリーでできて、面白そうな仕事はたくさんあります。

全部が全部うまく行くわけではもちろんないでしょう。

 

もちろん、フリーランスで生活していけるか不安で死ぬほど吐きそうになることも多々あるでしょう。

将来の生活への不安は容易に人を破壊しますからね。

実際僕も大学院時代に日々吐き気があり、家で唐突に涙が出てくる、みたいなちょっとやばい精神状態のときがありました。

中途半端なお金の不安は結構精神的にきます。

会社の辛さとはまた違った辛さです。

しかし、それでもなお開き直って新しい道に進む価値は大いにあると思います。

何より、会社に縛られているよりも自分で動いて自分で試行錯誤していってお金を稼げた方が、なんだか楽しそうではないでしょうか

フリーランスのイラストレーターとして活躍し、フリーランスの働き方についてマンガで情報発信をしている高田ゲンキさんも、その連載の締めの方でこのようなメッセージを出しています。

・「自分の人生を自分でコントロールすること」は「最大のライフハック」

・「ひとりでも多くの人が、万が一の時に備えてフリーランスになれるスキルは持っておくべき」

引用元:【マンガ】第34話 フリーランスのススメ(その22)~僕らが大阪に移住した理由~ | Think IT(シンクイット)

選択肢があると知っていることがまずは重要です。

※高田ゲンキさんの連載はとてもおもしろく、ためになり、勇気づけられるものですのでぜひ御覧ください!→ライフハックで行こう! ―Think IT edition― 記事一覧 | Think IT(シンクイット)

 大学生の方、特に就職したくない方やライフワークバランスを第一にしたい方へ

僕はこの記事に書いたような情報を、真剣に大学生のうちに知っておきたかったです。

大学生のころからいろいろ実践しておきたかったです。

特にクラウドソーシングやらブログ、アフィリエイトやらは継続性がものを言います。

新規参入でうまくいくかもやってみないと分からない部分があります。

経験があれば今会社員なんてやってないかもしれないです。

辞めるときもぱぱっと辞められていたでしょう。

在宅で稼げる経験やら見通しやらがあるだけで会社を辞める不安は激減します。

ですので、

  • 「将来自分の生き方・働き方は自分でコントロールしたい!」
  • 「家が大好き!家で働きたい!会社なんていきたくない!」
  • 「日本の就活は気持ち悪い!」

などといった想いをお持ちの方、特に時間があって働き方も自由な大学生の方は是非ともこれらの仕事を実践してみてください

コンビニやファミレスのアルバイトも大学生っぽくて素敵です。

大いに結構です。

「若いうちはいろんな経験をしておけ」

という言葉を真に受け、僕もいろんなバイトをやってました。

何かのときに何らかの形で役に立つのではないかと思いながら。

<【関連記事】【プロフィール】経歴・専門・好きなもの - こここの退職・独立・フリーランスへの道ーこの世にはこんなにもやりたいことがある(こここ)ー

ただし、将来コンビニやファミレスに就職するわけでもないならば、ここまでで紹介してきた仕事経験の方がより直接的に皆様の糧となるのではとも思います。

僕もコンビニバイトよりもコンサル会社でのデータ分析やプログラミングの方が今の自分のためになっていると思っています。

それは、自分の理想により直接的な繋がりがあるからです。

どんなアルバイトも何かしらの役には立つと思います。

しかし、「その役に立つ度合い」が異なってくるのです。

要は「その経験はどれだけ後の自分の進路に直接的に効いてくるか」ということです。

そして、本記事でご紹介したような仕事の経験は、将来の皆様の生き方働き方の幅を広げてくれることでしょう

ぜひチャレンジを!!

 さいごに

会社に頼らずに稼ぐ経験をし、その中で自分のスキルを高めていくことが出来れば、徐々に自分の人生を自分でコントロールすることが出来るようになるはずです。

僕は早くそうなりたい!

そうなるためにがんばります。

皆さん、頑張りましょう!!

 (おしまい)

 

他の記事のご紹介

今の仕事を辞める不安を少しでも減らせるように、
 「これだけ準備したら辞めていいんじゃなかな?」
 って考えている条件をまとめています。
kokokocococo555.hatenablog.com

☆「大学生のときの自分に伝えたいこと」についてもいろいろ書いてます。
www.kokokocococo555.com

独立・フリーランスについて、考えたこと・感じたこと・情報収集したこと等、書いています!

www.kokokocococo555.com

「こここブログ」について

主として、「大学院→公務員→フリーランス」とふらりふらりとしてきた私(こここ)が、
その想いやフリーランス生活について書き散らしていくブログです。
・「独立したいなー」
・「でも不安だなー」
と思っている方に背中をお見せすることで、少しでも楽になっていただければと願っています。

大学卒業後の進路選択がもっと多様になってほしい、という大きな目標もあります。

ただ、基本的に雑記ブログです。フリーランス、プログラミング、読書、ゲーム等、テーマは興味のままに。

読者登録して気にかけていただけるとめっちゃ喜びます!
ぜひともぜひとも!!

*1:藤村氏の『月3万円ビジネス』の表層的アイデアだけ援用した形です。