こここブログ

「この世にはこんなにもやりたいことがある。」やりたいことがありすぎる。時間が足りない。もっと違う生き方をする。こここが会社を辞め、フリーランスになり、生きていく記録です。皆様のご参考になれるといいな。

【独立に向けて】会社を辞めたいので辞めたときに月いくらくらい必要か知るために支出を計算してみた

(投稿:2017/12/04|更新:2018/04/25)

こんばんは。こここ(@kokokocococo555)です。

会社辞めたいですねー。辞めてフリーで働きたいです。在宅ワークしたいです。

しかし、衝動的に辞めるわけにもいきません。死んでしまいます。

参考にしたい先人の方々

僕の好きなヨッピーさんは著書で「とりあえず辞めてみよう、はやめた方が良い」(かなり意訳)とおっしゃっています。ヨッピーさん、いろいろ無茶苦茶しているように見えてかなり綿密でバランス感覚の良い考えを持っていらっしゃる方です。すごい。ますます尊敬します。

明日クビになっても大丈夫!

明日クビになっても大丈夫!

 

※この本、読んでめっちゃ感銘受けました。すごいいい本です。オススメします。読書記録書きたいなと思いつつ、止まっています。近々書きます。

ブログでも読書感想としてまとめをメモしました。リンクはこちら→webライター・ヨッピーさんの『明日クビになっても大丈夫!』は元気と勇気をくれる素敵な本 - この世にはこんなにもやりたいことがある(こここ)

また、最近仕事を辞めてウルトラアーリーリタイアとして楽しそうな✩←ヒトデさんも、きちんとした準備と辞められる環境を整えた上で辞めています。 

www.hitode-festival.com

楽しそうな様子↓

hitode-festival-extra.com

こんなに実績とスキルのあるすごい方たちですら、ちゃんと準備があった上で辞めているのです。凡人たる僕が勢いで辞めるとか死しか見えません

ということで、まずは生きていくために月にいくらかかっているのか、そして辞めてから月にいくら稼げば死なないのかを明確にし、少しでも不安をなくして少しでも早く辞めたいと思います。これが会社を辞める第一歩だ!!

f:id:kokokocococo555:20171217110755p:plain

管理可能支出と管理不能支出

前から読みたいなと思ってた『インベスターZ』がこの前1円セールしてたため、まとめ買いして一気に読みました。おもしろかった・・・!投資がとてもしたくなりました。

※そして投資を始めました。その話はまた今度書きます。

インベスターZの18巻の中で、節約するために大切なことは「管理可能支出を削るのではなく、管理不能支出を大胆にカットすること」と書かれていました。

納得できる話ですし、仕事を辞めた場合の支出について、僕もこれらの分類に従い大まかに算出してみました。

僕について

まずは基本情報として、僕の属性情報について。

  • 20代中盤
  • 男性
  • 独身
  • 大学・大学院で奨学金を借りていた
  • 実家は地方・現在東京で一人暮らし
  • 入社一年目
  • 自炊スキル:そこそこ。最近は作り置きがマイブーム。

月の支出

それではお楽しみ、支出を算出してみましょう。こちらです!

管理不能支出

家賃 60,000
電気 8,000
ガス 0
水道 2,000
NHK 2,000
インターネット 4,000
スマホ 10,000
年金 16,490
国民健康保険 23,000
奨学金返還 38,000
所得税・住民税? ???

小計:162,990円

管理可能支出

食費 20,000
交際費 10,000
交通費 3,000
3,000
6,000
もの 10,000
趣味等 10,000

小計:62,000円

総括

合計:224,990円

これに所得税やら住民税やら、貯金やらも足す必要がある。

おそらく280,000円くらいになるか?

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・死を感じるのだが。

これは確かに衝動的に辞めたらアカンやつですわ。

というか今の手取りより高いんじゃねえか?おいおい、冗談きついよ・・・。

感想

  • 支出を算出してみて現実は見えた。
  • そして現実は無情。
  • なんとも言えない気持ちになった。
  • これを自動的にまかなえている会社員は強い。
  • だけど諦めずに強い気持ちで会社を辞めたい。
  • 具体的な値が見えたことで、今後の戦略を立てることができる。つまり次のステップへ考えを進めることができる

この試算は正直甘くも厳しくもなく見積もった額。減らせるものを減らせばもうちょい減らせる。

ということで減らしてみよう。

月の支出(改善案)

へらせるもの、へらせないもの、そんなのひとのかって。(どこかで聞いたようなフレーズ)

管理不能支出

種目 削減前 削減後 理由・備考
家賃 60,000 50,000 安いところに住む
電気 8,000 8,000 あまり変えられないのでは?
ガス 0 0 あまり変えられないのでは?
水道 2,000 2,000 あまり変えられないのでは?
NHK 2,000 2,000 あまり変えられないのでは?
インターネット 4,000 4,000 あまり変えられないのでは?
スマホ 10,000 2,000 今のやつの契約更新時に格安スマホに切り替える
年金 16,490 0 収入が少ないうちは支払い猶予を受ける
国民健康保険 23,000 10,000 職種によっては「健康保険組合」があるらしく、フリーランサーにもあるって耳にした
奨学金返還 38,000 38,000 猶予も受けられるが、これは返さないと
所得税・住民税? ??? ??? わからん

小計(削減後):116,000円

管理可能支出

種目 削減前 削減後 理由・備考
食費 20,000 10,000 会社行かない分、毎日自炊
交際費 10,000 3,000 もともと飲み会とかそんなに好きちゃうし。人と会うときも食事でええやん
交通費 3,000 3,000 これくらいはかかるやろ
3,000 3,000 これくらいはかかるやろ
6,000 3,000 断腸の思いで削りましょう
もの 10,000 10,000 節約はするが、なんだかんだ入り用なのでは。予想がつかない
趣味等 10,000 5,000 まず不要なマンガやグッズを買うのを辞めよう

小計(削減後):37,000円

総括

合計(削減後):153,000円

これに所得税やら住民税やら、貯金やらを足すと、

210,000円くらい?

ゆうてまだ死を感じるのだが。

しかし、さっきよりは現実的な数字になったような気もする。

削減結果

  • 管理可能支出:162,990 → 116,000 (▲46,990)
  • 管理不能支出:62,000 → 37,000(▲25,000)
  • 合計:280,000 → 210,000(▲70,000)

削減後の感想

  • 管理可能支出に手を出しており、インベスターZの教えを守れてはいないが、なんとか現実的に思える額に。
  • 家賃、スマホ、年金、健康保険あたりが鍵。というか奨学金がきつすぎる。
  • 独り身でこれなのだから、結婚したり子どもができるとどうなるのかとても怖い。やばい。会社辞められるのか?しかしそこは強い意志を持って辞める。そういった次のライフステージに進んでいくまでに自分の稼ぎ力も上げていく必要がある。

さいごに

会社を辞めるということはそれまであった収入がなくなるということ。

つまり、自分の支出に向き合わねばならない。そこから自分はどういう手段でいくら稼いでいくことができれば会社を辞めることができるのかがわかってくる。

現実を直視するのはかなりキツかった、正直泣きそうになっているが、それでも問題点を明確にしてこそ対策の練りようがあるってもの。

この次は今回の結果を踏まえ、「収入編」を書く。

<追記>ようやく書きました!「収入編」。興が乗って気がついたら10000字超えの大作に。がんばったのでぜひご参考に!!リンク↓

kokokocococo555.hatenablog.com

そしてそれらを総合して「会社を辞める条件編」を書く。

<追記>こちらもようやく書きました!会社を辞めてフリーランスになる日も近い!!ぜひ御覧ください!リンク↓

kokokocococo555.hatenablog.com

皆様、乞うご期待!

そして本当に僕は会社を辞めることができるのか?!いいや、辞めてフリーランスになってやる!!皆さん、一緒に頑張りましょう。

(おしまい)

インベスターZ(1)

インベスターZ(1)

 
明日クビになっても大丈夫!

明日クビになっても大丈夫!

 
他の記事のご紹介

副業・独立・フリーランスについて他にもいろいろ書いてます!

www.kokokocococo555.com

「こここブログ」について

主として、「大学院→公務員→フリーランス」とふらりふらりとしてきた私(こここ)が、
その想いやフリーランス生活について書き散らしていくブログです。
・「独立したいなー」
・「でも不安だなー」
と思っている方に背中をお見せすることで、少しでも楽になっていただければと願っています。

大学卒業後の進路選択がもっと多様になってほしい、という大きな目標もあります。

ただ、基本的に雑記ブログです。フリーランス、プログラミング、読書、ゲーム等、テーマは興味のままに。

読者登録して気にかけていただけるとめっちゃ喜びます!
ぜひともぜひとも!!