こここブログ

「この世にはこんなにもやりたいことがある。」やりたいことがありすぎる。時間が足りない。もっと違う生き方をする。こここが会社を辞め、フリーランスになり、生きていく記録です。皆様のご参考になれるといいな。

ABOUTCONTACTGitHub

【退職希望に至る簡単な経緯】会社を辞めたい。会社で働く以外の生き方はないのか

(投稿:2017/10/29|更新:2018/03/03)

こんばんは。こここ(@kokokocococo555)です。

「会社辞めたい」と思い、世間一般的な「会社で働く」以外の生き方に興味を持ち、そういった生き方を実践している方の本やブログなどを読むようになった経緯を簡単にお話します。

共感していただける方もいらっしゃるのではないでしょうか。

目次

1. 大学~大学院(自分にとっての「生きがい」とは)

青年期によくある「自分とは?」「生きる意味とは?」ということについてもんもんとした悩みを抱え、大学・大学院で「アイデンティティ」「生きがい」について考えていました。

若者の「生きがい」についてインタビューを元に修士論文を書いたのですが、その際に自分の中でも「生きがい」についての悩みは一旦終結しました。

なんてことはない、普通に食べて、寝て、趣味が出来て、好きな人と一緒にいて、そういった生活を続けていくだけで人生は生きるに値するのではないか、とそう思えたのです。

2. 大学院中退(お金の心配をもうしたくない)

そうは言っても大学院在学中はそのような生活は出来ていませんでした。何よりお金の心配がずっと続いていました。そして、この先生活していけるのか、ということを深く考えすぎて大学院博士課程を中退し、働くことにしました。

簡単な話、お金の事を心配し続ける生活に心がもたなくなりました。生きるためにアルバイトをするものの、アルバイトをがんばると今度は本職の研究の時間が減るという板挟みに堪えられなくなりました。

所詮その程度だったのでしょう。周りの優秀な同僚や研究者はそれでもなおバリバリやっていました。

3. 社会人(時間欲しい。会社辞めたい。)

そして現在、会社で働いています。

おかげさまで「生きていけないのではないか」という漠然とした大きな不安はなくなりました。

その代わり、2つのことで会社を辞めたくなっています。

  • 自由と時間が大きく削られている
  • 関わる人を選べない

どちらも「甘えるな」「もっとひどい環境の人だっている」と怒られそうですが、自分にとっては嫌なことなのですからそれははっきりと「嫌だ」と言ってよいのではないでしょうか。

そして、これらを解決する方法があるならわざわざ耐え続ける必要もないのではないでしょうか。

 

会社に行って、帰って、寝る生活。何のために生きているのでしょうか。

週に5日以上働いて、日曜日は月曜日からの仕事のことで鬱々とした気分になり、本当に開放された気分になるのは週に1日と少しです。

そしてこんな生活が何十年と続くわけです。信じられませんよね。

 

また、すぐに怒鳴る人が上司になったりもするわけですが、これなんかはもう自分にはどうすることもできない、運任せのことです。ありえないですよね。

怒られても気にしない人だと問題ないのでしょうが、幼少のころから怒られるのが苦手すぎて学校でも家でもびくびくしていたような自分などは、怒られるのではないかと日々萎縮しながら仕事をしますし、生産性もすこぶる悪いと自覚しています。
毎朝吐き気は催しますし、日中ずっと緊張状態で精神的に無駄に磨耗しますし、何より頭の働きがありえないくらい下がっていると感じます。

タフさが足りない、甘えだ、という批判もあるでしょうし、それは自分でも自分の嫌いなところです。

しかし、人の性格は十人十色、タフな人もいれば弱い人もいると思います。
弱い人だとこの程度の状況であっても日々が苦痛で堪えられないこともあります。

人生がつらい、この日々が続くなら死んで解放された方がましなのではないか、と思いながら生きている人もいると思います。
そういう人にとって、今一般的と言われているようなライフコース(人生の道筋)を選択することはとても厳しいことです。
もっと別の選択肢があってもよいと思います。

自分の人生です。そんな暗澹たる気持ちで過ごすのなんて、それこそなんのために生きているんだという話になります。
加えて、そんな生活を送りつつ、自分の中に蓄積されるものがない、などとなったらこれはもう今の環境から離脱してもよいのではないでしょうか。

4. 理想の生き方(会社で働く以外の生き方はないのか)

世間一般的な生き方をしていくうえでは、「時間」と「お金」はトレードオフなのでしょう。

「時間」と「お金」、両立は出来ないものでしょうか。

両立とまではいかなくとも、せめて「時間」と「お金」の考え方が変わる環境を実現したいです。つまり、「時間をとられている」と感じないような納得のいく仕事ですとか、「お金が全然必要ない」生活ですとか、そういった一般的ではない生き方です。

 

また、自分で自分が働く環境をコントロールするような、自分が嫌だと思う人と働く必要のない生き方は出来ないものでしょうか。

 

究極的には会社を辞めてニートになりたい、と思っています。
しかしそれってどちらかというと、今の会社や生活リズムに不満があるわけで、これがもし好きな事仕事に出来て、一緒に仕事する人も仕事する時間も自分の裁量で出来て、となればずっと休みじゃなくてもいいです。

 

つまり、私は今後以下のような生き方を実現していきたいです。

  • 自分にとって充分な「時間」と「お金」のある生活
  • 共に働く人を自分で選択

これが実現できれば、むしろお金が手に入る分、ニートより積極的にこちらを選ぶと思います。

このような生き方を望んでいる方はとても多いのではないでしょうか。

5. 理想の生き方の実現のために

問題はどうやってそんな生き方を手に入れるかです。

普通の学校に通い、普通に過ごし、大学でちょっと寄り道をしつつも結局普通に就職した自分には圧倒的にそういった普通ではない生き方についての経験と情報が不足しています。皆さんもそうなのではないでしょうか。

そこで、手始めにそういう生き方を実践している人を参考にしようと思います

探そうと思えば案外いらっしゃるようです。

やり方は多種多様ですが、実践者の本やブログなどもたくさんあります。


本は他の人の人生を疑似体験出来るすてきなものです。
もちろん筆者の隠された意図があったり、きれいなところや見栄え良いところだけ抽出されていたりもします
それでもなお、勉強になることは多いでしょう。
そして、「そんな生き方もあるんだ」という救いにもなります。

本が出版されている、誰かがすでにやっている、といったことでは第一人者にはなれません。それでも、第一歩はそういうところから始めるものでしょう。

 

そういった本やブログなどを読んだ記録をつけていこうと思います。

このブログの内容が、みなさんにとって少しでも救いになったり役に立ったりすればうれしいです。 

他の記事のご紹介

独立・フリーランスについて、考えたこと・感じたこと・情報収集したこと等、書いています。

www.kokokocococo555.com

「こここブログ」について

主として、「大学院→公務員→フリーランス」とふらりふらりとしてきた私(こここ)が、
その想いやフリーランス生活について書き散らしていくブログです。
・「独立したいなー」
・「でも不安だなー」
と思っている方に背中をお見せすることで、少しでも楽になっていただければと願っています。

大学卒業後の進路選択がもっと多様になってほしい、という大きな目標もあります。

ただ、基本的に雑記ブログです。フリーランス、プログラミング、読書、ゲーム等、テーマは興味のままに。

読者登録して気にかけていただけるとめっちゃ喜びます!
ぜひともぜひとも!!